トピックス

2016年
12月01日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2016年9月末現在)から引用しています。

11月01日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2016年8月末時点)から引用しています。

10月02日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2016年7月末現在)から引用しています。

09月01日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2016年6月末現在)から引用しています。

08月02日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2016年5月末現在)から引用しています。

08月01日
「2次医療圏データベースシステムVer.7」・「地域包括ケア版Ver.2」のリリースと「地域医療構想策定状況チェックサイト」オープンのお知らせ
先日告知した「2次医療圏データベースシステムVer.7」ならびに「地域包括ケア版Ver.2」が本日よりダウンロード可能となりましたのでご案内申し上げます。
また、都道府県が策定を進めている地域医療構想の進捗状況を可視的に確認できる「地域医療構想策定状況チェックサイト」も本日より無償で公開いたします。

地域医療構想とは、団塊の世代が後期高齢者となる時期にあたる2025年に向けて、各都道府県がそれぞれ地域の現状と将来需要を踏まえて、今後どのような医療提供体制を整備し、いかにして実現するのか、という施策を定めるものです。
本サイトは、この地域医療構想の都道府県毎の策定状況を一か所に集約して可視化することで、行政・研究・教育関連機関のかた、あるいは当該地域にお住まいのかたによる参照の一助となるのを目的として提供いたします。

07月25日
「2次医療圏データベースシステムVer.7」ならびに「地域包括ケア版Ver.2」のリリースと記念講演会のお知らせ
2次医療圏データベースシステムは、平成23年1月の無償ダウンロードサービスを開始以来、大変ご好評を頂いており、平成28年7月1日現在、約8万ダウンロードを超えるまでになりました。

この度、「2次医療圏データベースシステムVer.7」ならびに「地域包括ケア版Ver.2」を平成28年8月1日にリリースいたしますのでご案内申し上げます。
今回のバージョンアップでは、現行の統計値を全面的に更新するとともに、以下の項目群を新設することにより、二次医療圏ならびに市区町村レベルでの多様な分析が出来るようになります。
「2次医療圏データベースVer7」:「標準化死亡比」「専門医」
「地域包括ケア版Ver2」:「訪問診療」「看取り」など

本システムは、行政(医療圏の見直し等)、研究、教育等における利用を念頭に日本の医療提供体制整備の一助となるべく、引き続き無償にて提供いたします。

今回のリリースを記念して、記念講演会を平成28年7月25日13時00分から国際医療福祉大学大学院(東京青山キャンパス4階A教室)にて実施します。詳細は案内をご確認ください。

07月01日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2016年4月末現在)から引用しています。

06月30日
プライバシーポリシー改定のお知らせ
2016年6月30日付で、弊社プライバシーポリシーを改定いたしましたのでお知らせいたします。
またこの改定に伴い、以下のページを新設いたしました。

06月02日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2016年3月末現在)から引用しています。

06月01日
「平成28年熊本地震」支援特設サイトを閉鎖しました。
5月25日の告知のとおり、「平成28年熊本地震」支援特設サイトを5月31日に閉鎖しました。
多くのご利用ありがとうございました。

05月25日
「平成28年熊本地震」支援特設サイト閉鎖のお知らせ
4月22日より公開いたしました当サイトは、被災地域にお住まいの方を中心として多くの方にご利用いただくことができました。約1カ月にわたって医療機関の被災状況等に関する情報の収集・発信を行ってまいりましたが、現地の医療機関が次第に通常の状態に戻りつつあることを鑑み、当サイトは一定の役割を終えたと判断し、5月31日をもって閉鎖する運びとなりました。

特設サイトの閉鎖に伴い、2016年5月25日(水)をもちまして、救急医療情報リンク集の情報更新を停止させていただきます(公開終了日まで引き続き閲覧は可能です)。また、医療機関マップについては特設サイトの公開終了日まで更新を行う予定です。

現地の医療体制が改善されつつあるとはいえ、被災地域全体の現状はまだ決して予断を許さない状況に変わりはありません。被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

05月19日
中央公論6月号『特集「がん死亡」衝撃の地域格差』の作成に協力しました。
弊社と東京大学公共政策大学院HPUが共同開発した「全国地域別・病床機能情報等データベース」の一部を用いた『特集「がん死亡」衝撃の地域格差』が、月刊誌「中央公論」2016年6月号(5月10日発売)に掲載されています。

05月12日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2016年1月末現在)から引用しています。

05月06日
平成28年熊本地震支援特設サイト「救急医療情報リンク集」が、NAVITIME災害情報からもご利用いただけるようになりました。

05月02日
平成28年熊本地震支援特設サイト「救急医療情報リンク集」が、Yahooo!ヘルスケア病院情報からもご利用いただけるようになりました。

04月22日
平成28年熊本地震支援 特設サイト 「医療機関マップ・救急医療情報リンク集」について
平成28年熊本地震により被災されました多くの皆様に、心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復旧を心より祈念いたします。

株式会社ウェルネスでは、今回の地震による被災者、及び被災者を支援する方々をサポートするために、以下のサイトを公開いたします。

◆平成28年熊本地震支援 特設サイト 「医療機関マップ・救急医療情報リンク集」
(1)サイトの目的
・住み慣れた土地から離れた避難先で周辺地域の医療環境がわからない方々に、周辺の医療機関へのアクセスを助ける。

・被災により通常とは異なる診療体制となった医療機関の情報発信源を集約することで、被災者および支援者が効率的に必要な情報に辿りつくための導線を敷く。

(2)特徴
・医療機関マップ
⇒地図上に医療機関とその関連情報が表示されます。現在地からアクセスしやすい医療機関を速やかに調べることができます。

・救急医療情報リンク集
⇒市区町村および地域医師会の発信する医療関連情報へのリンクを整備しました。休日・夜間等の救急診療情報を中心に、震災後の臨時情報などが一か所に集約されているため、必要な情報へ容易にアクセスできます。

(3)活用
刻々と変化する被災地の状況に応じて、情報の修正・追加等、掲載内容を順次更新いたします。
ご家族や周囲の方にもお声をかけていただき、ご活用いただければ幸いです。
また、当サイトおよび掲載情報の二次利用についても、被災者支援という目的に限り、利用許諾・費用は不要です。

※注意事項
・掲載情報の調査には万全を期しておりますが、リンク先掲載情報と実際の状況が異なる可能性があります。ご利用の際には充分ご留意ください。

・掲載されている内容、サービスの仕様、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

04月21日
平成28年熊本地震とそれに引き続く地震活動の被害について
4月14日の熊本県益城町を震源とする「平成28年熊本地震」とそれに引き続く地震活動について、被害にあわれた皆様に心よりお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。この大災害に対して、被災地において昼夜を問わず被災者救助や災害対策に尽力されている皆様に心から感謝します。被災地におかれましては、一日も早い復旧・復興と皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。

弊社では医療、介護、動物病院、調剤薬局検索サイトに医療施設情報を提供しておりますが、今回の地震発生以前の情報であり、施設存続有無等の確認には非常に時間を要します。弊社の情報をもとに施設をご利用される方々には、ご利用される前に必ず事前確認をお願い申し上げます。

また、当グループが提供する「PET・人間ドック紹介予約サービス」および「健康相談」につきましては、弊社コールセンターは通常通り稼働しておりますが、被災地域及びその近隣地域では施設建物や検査機器の被害、あるいは被災患者受入れや医師の派遣のためにドック業務の中止・休業・休診となっている場合があるため、ご予約できない場合がございますことをご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、提携人間ドック施設様とは連携をとり、受入れ状況につきましては随時確認・更新してまいりますので、弊社コールセンターへお問合せいただきますようお願いいたします。

04月06日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2016年1月末現在)から引用しています。

04月01日
個人向け健康医療情報提供サービス事業の分社化に関するご案内
この度、弊社の主要3事業である「医療介護関連データベース事業」
「医療連携ICT事業」「個人向け健康医療情報提供サービス事業」
のうち、健康相談サービスならびにPET・人間ドック紹介予約サービス
を柱とする「個人向け健康医療情報提供サービス事業」を、新たに
設立される株式会社ウェルネス医療情報センターに承継する新設分割を
実施いたしました。

詳細はご案内をご確認ください。

03月22日
「医療連携の可視化」サイトを公開しました。
オープンデータの活用と公開を実践するための試験サイトです。
臨床研修病院データをもとに、医療機関連携の関係性が一目でわかるようにしました。
トップページ左下のバナーからもサイトに飛ぶことができます。

03月01日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2015年12月末現在)から引用しています。

02月01日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2015年11月末現在)から引用しています。

01月13日
「医療圏データ分析・考察コンペ」募集のご案内
東京大学公共政策大学院医療政策教育・研究ユニット(HPU)医療政策実践コミュニティー(H-PAC)が主催する「医療圏データ分析・考察コンペ」の募集がはじまりました。
当コンペは、多様な立場の方にご参加いただいて、新しく始まった病床機能報告制度などの医療に関わる各種データを分析して、その結果や方法を共有することで、地域医療構想や医療計画の質の向上を助け、各地域のPDCAサイクルの改善につなげることで、将来の地域医療の均てん化に貢献することを目的として開催されています。

ここでは分析素材として、「全国地域別・病床機能情報等データベース」が提供されており、47都道府県344医療圏に関する約2200項目の指標を集めた表などがダウンロードできます。株式会社ウェルネスはHPUと共同で同データベースを作成いたしました。病床機能報告の全てを網羅したデータの提供は全国初の試みですので、日ごろ二次医療圏データベースをご利用いただいている方をはじめ、みなさまぜひ一度上記サイトに掲載されている募集要項をご覧のうえ、ご参加いただければと思います。

01月06日
データベース登録件数を更新しました。
※トップページの「登録医療機関」円グラフの分母は、厚生労働省の「医療施設動態調査」(2015年10月末現在)から引用しています。